短期間ダイエットにはさつまいも!食べ方とさつまいもダイエットの効果

HOTに美脚を手に入れろ!

エクスレッグスリマーバナー
見せない時期こそ美脚を手に入れるチャンス!
温かいから冷え性改善!
寒い季節に温めながら美脚を手に入れるなら

こちらをチェック

秋はさつまいもが美味しい季節ですよね!でもさつまいもって炭水化物で甘くて糖質が多そうだし、食べ過ぎると太ってしまいそう・・・と思う方が多いのではないでしょうか。

ところが!さつまいもって、実はダイエットにも効果的な食材なのです。しかも、短期間でダイエットができる方もいるんだとか。これには驚いたという方もいらっしゃると思います。
美味しい秋の味覚のさつまいもを食べて痩せられるなんて、こんなに嬉しいことはありませんよね。

さつまいものどんなところがダイエットに効果的なのかという点や、ダイエットに効果的なさつまいもの食べ方などについてお話していきましょう。

さつまいもダイエットって?

さつまいもダイエットってどんなダイエットなの?炭水化物だし、カロリーも高そうなのに本当に痩せるの?とさまざまな疑問があると思います。
まずはさつまいもダイエットがどのようなダイエットなのか、ざっくりお話しておきましょう。

さつまいもダイエットとは

さつまいもダイエットとは文字通り、さつまいもを食べてダイエットをする方法となります。

さつまいもはカロリーが高そうなイメージを持っている方が多いと思いますが、実は白米などに比べるとずっと低カロリー!さつまいもダイエットはそのことを利用して、主食から摂取するカロリーを減らすことによってダイエット効果を得ようという方法なのです。

さつまいもダイエットの詳しいやり方は後程お話しますが、いわゆる「置き換えダイエット」です。1食の食事で摂る白米などの主食を、さつまいもに置き換えるだけ!1食を全部さつまいもに置き換えなければいけないというわけでもありませんし、我慢を強いられるようなダイエットではないため挫折することなく続けていきやすいんですよ。

さつまいもにはどんな栄養素が豊富なの?

でも、いくらカロリーが白米より低いからと言って、それだけでダイエットができるとは思えませんよね。ほかに何か、さつまいもでダイエットができる理由は無いのでしょうか。
さつまいもに含まれる栄養素などを詳しく見ていき、その疑問を解決していきましょう!

食物繊維が豊富!

さつまいもといえば食物繊維が多いというイメージを持っている方が多いと思います。さつまいもには不溶性の食物繊維が多く含まれており、便秘解消に効果的です。
不溶性食物繊維は水に溶けず、水分を含むと膨らんで便のかさを増やします。それによって蠕動運動が起こりやすくなって、排便が促されるのです。
便秘解消は、もちろんダイエットにも効果的!さつまいもの食物繊維はイモ類の中でトップを誇る量です。
さらに、有害なものを体外に排出してくれるデトックス効果も期待できます。

ヤラピン

さつまいもにはヤラピンという成分も配合。こちらの成分にも腸の蠕動運動を活発にしたり便を柔らかくしたりする効果があるんですよ!そのためさらに便秘解消に効果的というわけなのです。

クロロゲン酸

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、コーヒーなどに多く含まれている成分です。抗酸化作用があるほか、脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるためダイエットに効果的な成分なのです!

ビタミンC

さつまいもには抗酸化作用のあるビタミンCが豊富に含まれています。その量はなんとリンゴの5倍とも言われているんです!
ビタミンCはその高い抗酸化作用でシミ予防などに効果が期待できるほか、コラーゲンの生成を促す効果も。そのため肌のハリやシワ予防にも効果的です。
さつまいもはダイエットだけでなく、美容にも嬉しい効果が期待できるんですね。

通常、ビタミンCは加熱料理などで壊れやすいのですが、さつまいものビタミンCはでんぷんに守られているため加熱料理をしても壊れにくいのが特徴です。

さつまいもダイエットのメリットは?短期間で痩せられるの?

食物繊維やヤラピン、クロロゲン酸など、ダイエットに効果が期待できる成分が豊富なのはお分かり頂けたと思います。でもそれだけでは、本当に痩せるのかどうか分かりませんよね。
では、さつまいもダイエットには具体的にどのようなメリットがあるのか、見ていきましょう。

GI値が低め

GI値とは、その食品を摂取した後の血糖値の上がり具合を示した指数です。ブドウ糖を100とした場合の数値になっています。日本ではダイエットと言えばカロリーを気にしますが、欧米ではGI値も重視されているそうですよ。

さつまいもはイモ類の中ではカロリーが高めですが、GI値は55と低め。ちなみにじゃがいもは90、精白米は84、食パンが91ですから、だいぶ低めだということがお分かり頂けると思います。

GI値が低いとなぜ良いのかというと、血糖値を下げるインスリンの過剰分泌を防げるから。インスリンが過剰に分泌されると、血中の糖分は脂肪細胞に溜め込まれてしまいます。それはやがて体脂肪に変化して、肥満の原因となるのです。
つまりダイエット中の方は、GI値の高い食べ物は控えたほうが良いということになります。
さつまいもはGI値が低いため、ダイエット中の方も安心して食べられますね。
(ただし、調理法によってはGI値が上がってしまうこともあるようです。)

食事によるカロリーがカットできる

さつまいもは、白米やパンよりもカロリーが低い食材です。
ですから置き換えを行うことによってその分のカロリーを楽にカットすることが可能。結果的に1日の摂取カロリーを減らすことができるのです。

腹持ちが良いから続けられる!

さつまいもは消化や吸収がゆっくりめで、腹持ちが良い食材です。満腹感が得られやすくて腹持ちが良い食材は、ダイエットの強い味方となりますよね。

甘いものが食べられるから満足が得られる

ダイエット中って、甘いもの禁止っていうイメージがありますよね。しかしさつまいもは甘いため、ダイエット中も甘いものを食べられるということになります。特に甘いものが好きな方にとって、これは嬉しいダイエットですよね!

我慢しなくていいから辛くない

さつまいもダイエットの詳しいやり方は後程お話しますが、主食以外は今まで通りの食事と同じで大丈夫なので、特に辛いことはありません。
我慢するダイエットは辛くて挫折してしまう可能性が高いですが、我慢しなくて良いダイエットなら続けていきやすいですよね。

便秘解消などによって短期間で痩せられるメリットも!

便秘がちで体重が増えていた方の中には、さつまいもの便秘解消効果によって短期間で体重が減る方もいらっしゃるようです。
普段から便秘気味で短期間でダイエットしたい方はやってみる価値がありそうですね。

安価で手に入りやすい

さつまいもは身近な食材であり、特別高価ではありません。いつでも安価で手に入りやすいため、コストをかけずにダイエットをすることが可能ですよ。

さつまいもダイエットのやり方

それではいよいよ、さつまいもダイエットのやり方について見ていきましょう。

1日1食分の「主食」をさつまいもに置き換え

1日のうち、昼食または夕食の主食(ご飯やパン)をさつまいもに置き換えましょう。1食分のさつまいもの量は150gくらいが目安です。

これによって主食のカロリーを無理なくカットすることができます。さらに、さつまいもは消化吸収がゆっくりめなため、他の炭水化物を食べるよりも太りにくくなるのです。

さつまいもダイエットのやり方はこれだけ。特に難しいことはありません。簡単にできることも、続けて行ける秘訣と言えます。

さつまいもの食べ方は?

さつまいもは焼き芋にするとGI値が高くなってしまう危険があるため、ふかし芋にするのがおすすめ。電子レンジで簡単に作る方法をご紹介します。

1 、さつまいもを良く洗います。皮はむかず、そのまま使いましょう
2 、濡らしたキッチンペーパーでさつまいもを包み、お皿(耐熱のもの)に乗せたらさらにラップをします
3 、600Wの電子レンジで5~6分加熱します。途中で裏返しましょう。竹串を刺してみて固ければ、ちょうど良い柔らかさになるまでさらに過熱しましょう

電子レンジで調理できれば手軽で良いですよね。ぜひ試してみてください。

さつまいもダイエットの注意点は?

さつまいもダイエットをするにあたって、注意したいことがいくつかあります。こちらにまとめてみました。

食べ過ぎない!

さつまいもが意外に太りにくい食材で便秘解消にも効果があるからと言って、食べ過ぎてしまっては意味がありません。消化吸収がゆっくりなため、あまり大量に食べてしまうと余計に便秘がひどくなってしまう可能性もあります。
あくまでも1食150g程度に抑えましょう。
もちろん、炭水化物ですし糖質もありますから、過剰に食べれば余計に太ります。くれぐれも食べすぎには注意ですよ。

味付けにも注意!

砂糖を使ったレシピなど、調味料によってカロリーや糖分などが増えてしまう可能性があります。それでは、せっかくの主食のカロリーカットやGI値の低さも台無しになってしまいますよね!
さつまいもは甘くておいしい食材ですから、さらに砂糖などを使って味付けをせず、シンプルに楽しみましょう!

きれいに洗って皮のまま食べるのがベター

さつまいもは、皮の近くに栄養素が多いと言われています。そのため栄養素を効果的に摂るためには、良く洗って皮をむかない状態で食べたほうが良いでしょう。

まとめ

さつまいもダイエットについてお話してきました。
炭水化物だし甘いし太りそうなイメージがあるさつまいもですが、主食と置き換えることでカロリーカットができ、さらに食物繊維やクロロゲン酸などによって便秘解消にも効果を発揮してくれます。それにより、人によっては短期間で体重減が叶う可能性も!
1食すべてをさつまいもに置き換えるわけではないため、辛さも無く、継続しやすい点もポイントでしょう。
甘いさつまいもを食べてダイエットができるなんて嬉しいですよね!この時期、さつまいもをいただく機会が多いという方もいらっしゃると思います。ぜひ、さつまいもダイエットに活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です