ダイエットが続かない人にお勧め!バナナダイエットなら、楽なのに1週間で痩せる?!

HOTに美脚を手に入れろ!

エクスレッグスリマーバナー
見せない時期こそ美脚を手に入れるチャンス!
温かいから冷え性改善!
寒い季節に温めながら美脚を手に入れるなら
 

痩せなきゃいけないのはわかってる…。
だけど、毎日忙しくてダイエットする余裕が…。日々のストレスでついついやけ食いしちゃって…。ダイエットは実践したことがあるものの、誘惑に勝てず撃沈…。

あるあるですね…。このような経験があるのはあなただけではないでしょう。きっと多くの方が同じ悩みを抱えているはず!
しかし日々の習慣を変えるのは結構大変…。情報収集も骨が折れますよね。

また、ダイエットを頑張っていたけど、やり方を間違えてリバウンドしてしまった…。なんてこと、ありませんか?努力したのに結果が出ない時ほど、悲しいことはありません。

しかし、わざわざ辛いストイックな方法を取らなくても、もっと楽に痩せられる方法があるんです!

その名は「バナナダイエット」
一時期マスコミで話題になり、ブーム時はスーパーからバナナが消えてしまうほど流行っていました。「聞いたことある!」って方も多いのではないでしょうか。

今回は、ダイエットが続かない方や楽に痩せたい方にも効果的なバナナダイエットを徹底研究!
何故バナナダイエットが大きな効果を発揮するのかや、正しいバナナダイエット方法について見ていきましょう。

何故バナナダイエットは効くの?

ずばり、低カロリーだから

バナナのカロリーは100gあたり86kcalとされています。
毎回バナナを綺麗に剥いて切ってから皿によそい、グラム数を図って食べましょう。
…なんてことはありませんのでご安心を♪
バナナの大きさによっても異なりますが、分かりやすく言うと、バナナ一本あたり約30~106kcalです。

一般的な中くらいの大きさのバナナだと約72kcalと考えておけばよいでしょう。

因みに白米は100gあたり356.1kcal。大きめのバナナ一本を食べたとしても、白米に比べてカロリーを約3分の1に抑えることができるのです!

食事を抜くわけではないので、ダイエットの実施によって体調を崩す心配もありませんし、食事を抜いた反動で大食いしたくなってしまったり、苦しい思いをしながら空腹と戦う必要もありません。
また、バナナ1本にボリュームがあるため、低カロリーで満腹感を味合うことができる素晴らしい果実なんです。

手軽なのに栄養が豊富だから

バナナに含まれる三大栄養素をチェックしてみましょう。
バナナ100gあたりには、炭水化物22g、たんぱく質1.1g、脂質0.2gが含まれています。

炭水化物?!ダイエットの大敵じゃないか!いえいえ大丈夫です。バナナに含まれる炭水化物の3分の2は食物繊維、残りの3分の1がブドウ糖なのです。食物繊維は腸内の掃除をする働きがあり、便秘を解消する効果があります。ブドウ糖は体内に吸収されてエネルギーに変わるまでが早く、スポーツ選手も栄養補給にバナナを食べることは多いようです。
炭水化物だからといって何でもかんでも悪いわけではないんですね。これで一安心。

また、ダイエットに効果的なビタミンB群、カリウム、ヒスチジン等の成分も摂ることができます。
バナナに含まれるビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6等)は、体内の脂質や糖質を分解しやすくし、代謝を良くする効果があります。カリウムは、むくみの解消に効果的であり、脂肪を分解します。必須アミノ酸の一つであるヒスチジンは、実は体内で作ることができない成分。食欲を抑制する効果があります。

バナナを食べた後に運動をすればより高いダイエット効果が得られますよ!

正しいバナナダイエットの方法

バナナダイエットは朝と夜、どっちにやるのが効果的?

基本的には朝晩どちらにバナナダイエットを実施しても大丈夫です。

2つの違いは、朝バナナダイエットは朝ごはんをバナナに置き換える方法であることに対して、夜バナナダイエットは夕食を置き換えずに摂取するという点でしょうか。

朝バナナダイエットなら朝ごはんがかなり手軽になりますし、夜バナナダイエットは夕飯を抜かなくてもいいのでどちらか実施しやすい方を選ぶとよいでしょう。

但し、早く痩せたいからといって、朝と夜の両方にバナナダイエットを実施するのは避けましょう。摂取するべき栄養のバランスが崩れ、バナナダイエット本来の効果が発揮されなくなってしまいます。

朝バナナダイエット

朝ごはんをバナナに置き換えます。昼食と夕食は普段通りの食事で構いません。
食べるバナナの本数は1本、ミニバナナであれば2本にします。
バナナも炭水化物ですので、低カロリーだからといって食べ過ぎてしまってはダイエットの意味がありません。

ここで重要なのが、バナナを食べた後にコップ一杯(約200ml)の水か白湯を飲むことです。

また、こちらを実施する場合、夕飯はできる限り早めに済ませるようにしましょう。可能であれば18時までに終えていると望ましいです。

夜バナナダイエット

こちらは夕食の30分前にバナナを食べることで、夕食のころには脳が満腹を感じる状態になるというものです。

バナナを1~2本とコップ一杯(約200ml)の水か白湯を摂ります。
その30分後に普段どおりの夕食を食べます。

如何でしょうか。とても簡単なダイエットですね。
しかし毎日バナナだと飽きてしまうこともあるかもしれません。そんな時は、温めたり、無糖のヨーグルトをかけて食べても大丈夫です。

ここで注意して頂きたい点があります。

いくら普段どおりの食事で良いといっても、高カロリーなものばかり食べたり、野菜を全く摂らない等、栄養バランスに偏りがある場合は、バナナダイエットの効果が現れにくくなってしまいます。
綺麗な体を手に入れたいのであれば、基本的な食生活に気をつかい、バランスの良い食事を心がけましょう。

栄養バランスに気をつかっていれば、バナナダイエットの効果は必ず出るでしょう。
楽の方法でダイエットができるなら、やってみない手はないですよね!
効率的に痩せて、綺麗な体を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です