とっても簡単!ホットヨーグルトダイエットの方法と効果とは

HOTに美脚を手に入れろ!

エクスレッグスリマーバナー
見せない時期こそ美脚を手に入れるチャンス!
温かいから冷え性改善!
寒い季節に温めながら美脚を手に入れるなら
 

ダイエットに良いものの一つとして、「ヨーグルト」が思い浮かぶという方も多いのではないでしょうか。ヨーグルトはもはや、ダイエットの定番と言っても過言ではないでしょう。

普通、ヨーグルトって冷蔵庫から出してきて、そのまま食べますよね。でもこれってよくよく考えてみると、内臓を冷やしているのでは・・・と感じませんか?

そこで今回ご紹介したいのが、「ホットヨーグルトダイエット」なんです!
ホットヨーグルト?なんだかおいしくなさそう・・・と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、実はヨーグルトを温めることによって、さまざまなダイエット効果がアップするのです!

とても簡単でメリットの多いホットヨーグルトダイエットの効果や、やり方などについてくわしくお話していきます。
これを読んだらもはや、ヨーグルトを温めずにはいられなくなるかもしれません!

ホットヨーグルトダイエットの効果って?

c9afe570e5ff6df7ee57a9019688f997_s

ヨーグルトのダイエット効果としては、腸内環境を整えて便秘を解消する、代謝アップで痩せやすくなる、体脂肪が貯まりにくくなるなどの効果があるとされていますが、温めて食べることでさらにダイエット効果がアップするのだとか!
どのような効果を得ることができるのか、見ていくことにしましょう。

内臓を冷やさないから代謝アップ!

冷蔵庫で良く冷やしたヨーグルトはおいしいですよね。でも、そのまま食べると内臓は冷えてしまいそう。
ホットヨーグルトにして食べれば、身体を冷やさないばかりか温めることができますから、血流も良くなり代謝がアップします。
また、冷たいものを食べると胃腸の働きが悪くなると言われています。温かいホットヨーグルトならその心配もありませんね。

ea16641fcb692f4c50c4cf5a6a14f5be_s

ご自分の内臓が冷えているかどうか、分からないという方もいらっしゃるかもしれませんね。手足が冷えていないから大丈夫だと思う方も多いと思います。
しかし、手足が冷えていなくても内臓が冷えているケースもあります。お腹のあたりを触ってみて、冷たいと感じる場合には要注意。もしかしたら、ご自分で思っている以上に内臓が冷えているかもしれませんよ。それ以外にも低体温の方や、お腹をすぐに壊す方、肩が凝りやすい方なども、内臓が冷えている可能性があると言われています。
ヨーグルトをダイエットに取り入れるなら、ぜひホットヨーグルトにして冷えから内臓を守りましょう!

温めたほうが栄養などの吸収が良くなる!

a08905a9d7ad985b07f4bef94381448a_s

ヨーグルトを温めて食べると、栄養分の吸収がさらにアップします。それによりヨーグルトによるダイエット効果をしっかり得ることができるのです。
せっかくヨーグルトを食べるなら、ダイエットに良い栄養素をしっかりと体に吸収したいですよね!
ヨーグルトを温めずに食べないのはもったいないと言えるでしょう。

内臓が冷えないから脂肪が貯まりにくくなる!

2a1c54f1ff2c1135d56ecc2965995f4c_s

内蔵が冷えると、内臓の周りに脂肪がつきやすくなってしまうことが!これは内臓を冷えから守るために起こること。痩せている方でも、大丈夫とは限りませんよ。油断していると、お腹だけがぽっこり・・・などという事になる可能性もあります。

ヨーグルトを温めてホットヨーグルトにして食べることによって、内臓を冷えから守ることができ、必要以上にお腹周りに脂肪がついてしまうのを防ぐ効果が期待できます。

停滞期が起こりにくい

これまでダイエットをたくさん頑張ってきた方の中には、ダイエットの「停滞期」を経験した方も多いのではないでしょうか。停滞期とは、これまでダイエットで順調に減っていた体重が、ある日突然減らなくなってくる現象の事を言います。

0c7ea91e9c9718c6b9bd7509b6033036_s

この停滞期がなぜ起こるのかというと、体重が減り、摂取する栄養が減ったことによって体が危機を感じる「ホメオスタシス機能」が働くから。つまり、これ以上体重が減って栄養不足が続くと危険だと判断し、代謝を下げ、エネルギーの吸収量を増やして危機から体を守ろうとしているのです。

良かれと思ってしてきたダイエットが原因で、代謝が下がったりエネルギーが吸収されやすくなったりしてしまうのはなんだか辛いですよね!でも、ホットヨーグルトダイエットではこの停滞期が起こりにくいと言われているのです。

その秘密は、カルシウムにあります。
実はカルシウムが不足すると、ダイエットの停滞期が起こりやすくなると言われています。ヨーグルトにはカルシウムが豊富ですし、ホットヨーグルトにすることによって吸収もしやすいため、停滞期が起こりにくいのですね!

腸内環境を整えてダイエット効果が得られる

6be7b177eaf0038b71d2b0245809f93a_s

ホットヨーグルトで腸内環境を整えることにより、便秘解消に効果が期待できます。

腸の中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が存在します。日和見菌は状況によって、善玉菌、悪玉菌どちらの味方にもなりうる菌です。
腸内環境を整えるためには、悪玉菌よりも善玉菌を優勢にしなければなりません。ホットヨーグルトダイエットで善玉菌のエサとなる乳酸菌を摂ることにより、腸内環境を整えることができます。

実は腸内環境を整えることは、腸の蠕動運動による代謝アップにもつながります。

カルシウムをしっかり摂取することで太りにくく!

体内のカルシウムが不足すると、脂肪が貯まりやすくなると言われています。ホットヨーグルトダイエットでしっかりとカルシウムを摂取しておけば、脂肪が貯まるのを防ぎやすくなりますよ。

ホットヨーグルトダイエットのやり方は?

aa018bd595bcb948557407bfd918afd1_s

ホットヨーグルトダイエット、どうやってやったらいいの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。ホットヨーグルトダイエットのやり方はとっても簡単!早速詳しく見ていくことにしましょう。

基本のやり方は、朝食をホットヨーグルトに置き換える

ホットヨーグルトダイエットの基本的なやり方は、朝食にホットヨーグルトを取り入れる方法です。
朝ご飯にホットヨーグルトを食べ、昼、夜は今まで通り普通にご飯を食べてOK!簡単な上に辛くない、嬉しいダイエットですよね。

8e92544b7bbf058bd6bfd449b9c8636f_s

とはいえ、ダイエット中だという事を意識して、暴飲、暴食は控えましょう。もちろん、間食しまくりというのも良くありませんよ。ストレッチなど、適度な運動も並行すると良いでしょう。
ホットヨーグルトダイエット中にはお酒も控えるようにしてください。

夜に取り入れるのも有効

実は夜にホットヨーグルトを取り入れると、カルシウムの吸収がさらに良くなり、そのうえ体内の脂肪を排出する効果が得られやすくなります。
そのため、夜にホットヨーグルトダイエットを行うのも良いでしょう。
特に便秘解消を望む方には、夜に行うことをおすすめします。夜中に腸が働くため、夜にホットヨーグルトを食べることによって老廃物が排出しやすくなるのです。

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s

夜は食事から摂ったエネルギーを吸収しやすくなるため、できる事なら夕食をホットヨーグルトに置き換えるとダイエット効果が高まるでしょう。ただし、辛いと感じるなら無理は禁物。ストレスからダイエットをやめてしまっては意味がありませんからね。
食事を控えめにして、ホットヨーグルトをプラスしてみてください。

ホットヨーグルトの作り方

f54532df28773728993a1d15e0277891_s

ホットヨーグルトと言っても、ただ単に温めればよいというわけではありません。あまり温め過ぎてしまうとヨーグルトに含まれる菌が死滅してしまいますし、分離しておいしくなくなってしまうことも。まずは温め方をマスターしましょう!

ホットヨーグルトダイエットに使用するホットヨーグルトの温度は、「37度~40度」程度が良いと言われています。人肌程度の温度という事ですね。
この温度のホットヨーグルトを作るためには、電子レンジで30秒~1分程度加熱します。
時間は電子レンジのワット数や機種などによってだいぶ変わってきます。初めからあまり温め過ぎてしまわないように、少ない秒数からセットして少しずつ時間を伸ばしていってください。加熱し終わったら、良くかき混ぜます。
食べてみて少しだけ温かいなと感じるくらいの温度が目安となります。

ホットヨーグルト、1回に食べる量は?

ホットヨーグルトを1度に食べる量は、100g程度が良いと言われています。あまり多すぎるのも良くありませんから、多くても150g程度に抑えておきましょう。

どんなヨーグルトを使うと良いの?

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s

ホットヨーグルトダイエットではヨーグルトを加熱して使用するため、糖分などが加えられていない「プレーンヨーグルト」を購入するようにしましょう。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌にはさまざまなものがあり、それぞれ体質に合うもの、合わないものがあります。体質に合っていない乳酸菌が含まれたヨーグルトを使用しても、ホットヨーグルトダイエットの効果があまり得られない可能性があるでしょう。ですから、合わないと感じたら別のヨーグルトを使用してみてください。

ただし、数日食べて効果が見られないからと言って、すぐに変えてしまうのはおすすめしません。2週間程度は同じ銘柄を使用してみて、それでも効果を感じられなかったら別のヨーグルトに変えてみましょう。

甘みをプラスすると食べやすい!

プレーンのヨーグルトをそのままホットヨーグルトにして食べると、味気ないと感じる方もいらっしゃると思います。
そのようなときには、甘みを少しプラスしてみましょう。
はちみつ、メープルシロップなどが良いでしょう。あまりプラスしすぎると糖質の摂りすぎになってしまいますから、その点は注意してください。

83be2ed6e7baeb67479cf4a962112221_s

そのほか、きなこ、ココアなどをプラスしても美味しいですよ。
生姜を入れると、身体を温める効果がさらにアップします!

ホットヨーグルトダイエットについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。
ホットヨーグルトダイエットは、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる方や、冷え性の方などにもおすすめしたいダイエットです。内臓を温めて代謝もアップし、停滞期も起こりにくいホットヨーグルトダイエット。内臓の働きが良くなって栄養を吸収しやすくなるのも嬉しいポイントです。そのうえ電子レンジで1分弱温めるだけでいいので、簡単に実行できますよね!忙しい朝にも、すぐに用意することができます。

プレーンヨーグルトでは味気ないと感じる場合には、はちみつ、メープルシロップ、きなこなどをトッピングして楽しみましょう。お気に入りのトッピングが見つかれば、長く続けていくことができそうですね!ぜひ、ホットヨーグルトダイエットを試してみてください。

また、ダイエットをしているひとは、知らず知らずのうちに体に無理な負担をかけてしまいがちです。
その負担の一つとして、酵素不足が考えられ、ダイエットをするなら、不足しがちな体の中の酵素を補う必要もあります。
酵素不足を補うにはサプリがおすすめなのですが、その一つとして、最近話題になっている酵水素328選についても記事を書きました。
こちらも併せて参考にして頂ければ幸いです。

生サプリメント『酵水素328選』の口コミ・効果・飲み方を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です