フィットネスでは痩せない?効果が出ない人の共通点

HOTに美脚を手に入れろ!

エクスレッグスリマーバナー
見せない時期こそ美脚を手に入れるチャンス!
温かいから冷え性改善!
寒い季節に温めながら美脚を手に入れるなら
 

ダイエットに運動、取り入れてますか?
もしかして食事制限だけで痩せようとしてないですか?
それは一時的な体重の減量にすぎませんよ…?

健康的に痩せて将来ずっとリバウンドしたくないなら“フィットネス”がオススメ。

フィットネスとは

2bfa524d126b3714ec08923b8417776c_s

フィットネスとは、健康な状態を維持する、または向上させる事を目的とした運動の事です。

フィットネスクラブなどに行った経験のある人なら分かるかと思いますが、フィットネスを行う人には老若男女様々な目的を持った人達がいます。

◇普段全く運動をしないような人が軽い運動でも毎日続けて、健康を維持する為に行う人

◇ダイエットで健康的に痩せる為に行う人

◇だるんだるんな体を引き締める為に行う人

共通するところは「健康的」でありたいというところにあります。

普段全く運動をしないおじいちゃんやおばあちゃんはどんどん足腰が弱ってしまい、動きづらくなってしまいます。
いつまでも健康でありたいという思いからフィットネスに通います。
フィットネスで軽い運動を毎日行うだけでも十分な効果を得る事ができます。

ダイエットを行っている人は基本的に食事制限だけで痩せようとすると体重は減量させる事はできますが、筋肉量が減る為体脂肪率は高め。隠れ肥満という事も。。
筋肉量の無い体はダルンダルンのブヨブヨで、全く魅力的ではありません。
いくら体重が軽くても、全然痩せて見えなかったり、逆にげっそりしてしまい不健康に見えてしまうなど、憧れられるような理想の体に仕上げる事はできません。

中年太りを経験中の方はなかなか食事制限だけでは痩せる事ができませんし、不健康な生活を繰り返していると生活習慣病を引き起こす可能性もあります。

健康的な体を手に入れ、毎日を健やかに過ごす為にフィットネスを行うのです。

フィットネスで痩せる?痩せない?

9c32cfb8ea44d09c951c12d63af47d04_s

答えは、両方です。

痩せる事もできれば痩せない事もできます。
痩せる人には痩せる人の特徴が。
痩せない人には痩せない人の特徴があります。
フィットネスで効果を実感する為にも、その特徴を是非参考にしてみてください。

◇痩せる人の特徴

226ca555af4e722a21717592bd0534bd_s

痩せる人の特徴はまず「継続する事」です。
そして「栄養バランスの良い食生活をしている事」が挙げられます。

いくらフィットネスを行っていても、1ヶ月に1回行くか行かないかといったような運動量では効果は全く出ません。

栄養バランスの良い食生活によって体の中が整っていなければ思う様に運動の効果を反映させる事もできません。
筋肉を作り出そうにもタンパク質が足りていなければ作れません。
逆に痩せたいのに過剰にタンパク質を摂取していたら筋肉が付きすぎてゴツくなっただけでぜんぜんスリムになれなかったという事もあります。
偏りなく栄養を毎日考えて摂取する事が大切です。

継続する事と栄養バランスの良い食生活は非常に大切です。

◇痩せない人の特徴

90494ac1822269cb14a3a9894cbb519a_s

痩せない人の特徴は運動しているからといって「食べ過ぎてしまう人」です。
運動しているし食べても大丈夫だろうとガツガツ食べていると、運動量が多ければ多い程食べた物は筋肉やエネルギーになりますが、筋肉が増えればゴツくなり、男性は嬉しいですが女性にとってはあまり嬉しくありません。
また、運動は思っている程カロリーを消費している訳ではありません。
運動で消費したカロリー以上に食べ物を摂取してしまえばその分また蓄積されていくという訳です。

そしてやはり「継続しない人」は痩せる事も健康的になる事もできません。
継続は力なりです。
最初はゆる~くでも良いので、毎日続けて行う事が成功の秘訣です。

また、トレーニングの際のフォームややり方が正しくない場合、痩せる事ができません。
間違ったやり方を続けていると変なところに筋肉がついたり、全く効果を得られない場合もあります。
トレーニングを行う際には最初にきちんとやり方を教えてもらうと良いでしょう。

フィットネスで痩せる方法

フィットネスでスリムな理想ボディを手に入れる為には、以下のポイントを抑えましょう。

~抑えておくべきポイント~

f54532df28773728993a1d15e0277891_s

◇トレーニング方法が正しいかどうか確認する事
間違ったトレーニング方法を続けていても変なところに筋肉がついたり、変化が全く感じられないまま何ヶ月も過ごしモチベーションが下がってしまったりと良い事がありません。
正しいフォームややり方を知っておくと良いでしょう。

◇体重&体脂肪率を記録する事
毎日体重や体脂肪率を記録する事で、日々の変化を知る事ができます。
どんな時に痩せる事ができたのか、どんな時に体重が増えるのか。
そして、どんな事をすると体脂肪率が変動するのかを知る事で体の中で起こっている変化を敏感に感じる事ができ、モチベーションを上げる事ができるでしょう。

筆者の使用している体重&体脂肪率測定器はこちら↓
http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hbf/hbf-214.html

◇運動によって消費したカロリーを把握する事

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s
今ほとんどのフィットネスジムでは機械にどのくらいカロリーを消費したのかを表示してくれる物が置いてある事が多いです。
また、活動量計などを身に着けて筋トレをする事でどのくらいカロリーが消費されたのか、あとどのくらい運動をすればいいかなどが分かりやすく、モチベーションを上げる事ができます。

筆者の使用している活動量計はこちら↓
https://www.polar.com/ja/products/sport/A370-fitness-tracker

比較的安めなタニタの活動量計はこちら↓
http://www.tanita.co.jp/content/calorism/

◇食事の量や栄養バランスを管理する事

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s

炭水化物を過剰に摂取していれば脂肪が付きやすく筋肉がつきにくい為なかなか引き締まった体を作る事ができません。
運動をして体を引き締めたいのであれば良質なタンパク質をメインに摂取しながら、ビタミンやミネラル、その他の栄養素もきちんと摂取する必要があります。
栄養素はどれも大切な働きをしてくれる為、どれかをシャットアウトする方法(例えば糖質制限ダイエット等)は長い目で見るとオススメできません。
糖質を制限するダイエットはリバウンドしやすく、ストレスも溜まりやすいです。
栄養のバランスをしっかりと考えて摂取し、年をとっても健康的にいられるように、そして太りにくい体を手に入れられるように頑張りましょう。

とは言っても、なかなか栄養バランスを考えて食事を摂取するのは資格も無い私達には難しいですね。。

そこで、オススメのアプリがあります。

筆者が使用している栄養バランス管理アプリ↓
あすけん

AppleStore:http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hbf/hbf-214.html

GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.greenhouse.asken&hl=ja

このアプリを使えば、1日の食事を入力するだけでカロリーや栄養素を管理してくれます。
体重・体脂肪率や睡眠時間・運動量も管理してくれる為オススメのアプリです。

 

あすけん①

そして、このように栄養士がコメントをしてくれるので、何を改善すればいいのかというのが分かりやすく、改善しやすいです。
栄養バランスも何をどれだけ摂取しているのか、どれが過多でどれが不足しているのかグラフで分かりやすいので大変オススメです。

 

あすけん②

筆者があすけんを取り入れ始めた初日の結果が上の画像です。
不足不足不足…不足ばかりでした。

 

あすけん③

筆者があすけんを取り入れて1週間でここまで栄養バランスを考えて摂取できるようになりました!

栄養士をつけなくてもアプリでここまで管理する事ができるので、是非やってみてください。

男女別、効果的なフィットネス方法

d75d6c4fe647541197a05ff0aaca6048_s

男性と女性で筋肉の付き方には大きな違いがあります。
まず、男性と女性では筋肉の量が違います。
男性の筋肉量の70%が女性の筋肉量だと言われていて、女性は男性よりも筋肉ができづらく、体力も男性に劣る為に男性と同じトレーニング内容を行うと怪我につながる可能性が大きくなります。
また、男性と同じトレーニングをする事によって下半身が太ってしまうなんて事も…。

また、男性と女性では太り方も違ってきます。
男性の場合は内臓脂肪が付きやすく、張ったお腹になりやすい特徴があります。

女性の場合は皮下脂肪が付きやすく、お腹の表面に脂肪がつくために三段腹になりやすい特徴があります。

内蔵脂肪は消化されやすく、皮下脂肪は消化されにくいという特徴もあり、これは女性にとって嬉しくない情報ですね。男性、羨ましい…!

この違いから、男性と女性ではフィットネスでのトレーニング方法も異なる事が分かります。

◇男性用フィットネス方法

04d0fd90647807c8b329b722c03bf4ee_s

内臓脂肪が付きやすい男性には内臓脂肪を落とすトレーニング方法が最適です。
筋肉トレーニングなどの無酸素運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素運動を行うと良いでしょう。
有酸素運動は時々やる程度では効果を発揮できません。
毎日行う事が大切です。
フィットネスジムへ通わなくても、普段の生活から意識して歩いてみる事が大切でしょう。

また、脂っこい物を摂取したり、お酒の飲み過ぎでも内臓脂肪は付きやすくなります。
そういった部分も気をつけながら食事と運動の両面から改善していきましょう。

◇女性用フィットネス方法

cbdf81696a4aaa5de8098a95bd6284c5_s

皮下脂肪を燃焼させる為には筋トレと有酸素運動を同時に取り入れる事が効果的です。
そこで、無酸素運動と有酸素運動のどちらも兼ね備えている「水泳」が最適であると言えます。
泳ぐ事で筋トレで得られる効果と有酸素運動で得られる効果を同時に得る事ができます。
泳ぐ事ができない人はプールで歩くだけでも効果的ですし、もちろん筋トレと有酸素運動を別々で行うのも効果的です。

こちらも毎日続ける事が大切になります。
最初はゆる~くでもいいので、続ける事を意識して、慣れてきたら少しずつレベルを上げていきましょう。

また、皮下脂肪を落としてもまた皮下脂肪を溜めていてはいたちごっこになってしまいます。
皮下脂肪をつけない事が大切です。
その一番の解決方法は「消費カロリーを超えるカロリーを摂取しない事」です。
消費されなかったカロリーは皮下脂肪として蓄積されてしまいます。
皮下脂肪は落としづらいので、普段の食生活からバランスよく、そしてカロリーを摂取しすぎないように気をつけましょう。

~朗報~

落としづらい皮下脂肪をつけない為にカロリーを制限するのはかなりシンドいですよね。
そこで、栄養バランスに気を使い始めた筆者がオススメの食事の摂り方をお教えします。

バランスの良い食事は内蔵脂肪に悩む男性の方にもオススメですよ♪

まず、主食を無くす必要は全く無いと筆者は思います。
なぜなら、栄養たっぷりの主食には効果効能がきちんとあるし、満腹感もあるし、主食を抜いて痩せても後々また食べ始めればリバウンドしてしまうからです。

筆者の基本的な食事内容は、

・雑穀米
・サラダ
・肉や魚などのタンパク質を含むメイン料理
・お味噌汁

です。

必ず最初にサラダなどの野菜から摂取するようにします。
これは、お腹が空いているところに炭水化物などのエネルギーになりやすい物を入れると、エネルギーがフルで消化され、余ったエネルギーがすぐさま脂肪に変換されやすくなってしまう(太りやすくなってしまう)体の働きからです。
食物繊維を含む野菜を先に摂取する事で、エネルギーの吸収を抑えてくれるので脂肪として蓄積しづらくしてくれます。

普段食べている白米を雑穀米に変更する事で、かなり満足できます。
なぜなら、雑穀米は弾力があり噛みごたえがすごく、満腹中枢を刺激してくれる為です。
白米に混ぜるだけのタイプを使っているので簡単にできて、今ある白米もムダにならない!

3abe1a141c07071894ca249ed8e4e7c6_s

お味噌汁には食物繊維やイソフラボンが豊富な大豆が含まれている為、栄養満点ですね♪
普段の生活でビタミンAが不足しがちだった筆者は、お味噌汁やメイン料理に卵を1つ取り入れる事でビタミンAを適正に近づける事に成功しました!
卵にはビタミンAが沢山含まれているんですよ♪
茹でた小松菜にはミネラルのカルシウムが多く含まれているので、小松菜をお味噌汁の具材にしてもいいですし、食物繊維が豊富な大根を具材にしても良いですね♪

この食生活を1週間、試してみて下さい。
私は現在ちょうど1週間とちょっと試したところですが、サラダを食べただけで結構満腹になります。

もし、自炊ができない方は、白米よりも多くの栄養が含まれていて満腹感を得やすい雑穀米や玄米、ライ麦パンなど、最近のコンビニやスーパーでは健康思考な商品が数々並んでいますので、そちらを摂取すると良いでしょう。
また、ビタミンはどうしても不足しがちなのでサプリメントや健康食品等で補いましょう!

そんな1日分のビタミンを全て含んだ美味しいドリンク“贅沢レッドスムージー”↓
https://lp.itclavis.jp/rst_gy?gclid=EAIaIQobChMIh7vT0PPY1QIVBn69Ch1hRAFuEAAYAiAAEgKDVPD_BwE

コスパよくフィットネスを行うには

今や色んなフィットネスクラブが存在します。
ライザップなどのマンツーマントレーニングや地域型のフィットネスジムなど……
安く効果を実感したいのであれば、やはり自分に合った方法を選択する事が大切です。

◇効果の異なるフィットネスジムトレーニング

筆者は21歳♀ですが、ライザップのようなマンツーマンのジムに2ヶ月通った経験があります。
週2で限界のその先をいく筋トレを行い、達成感はものすごくありましたし、スッキリしました。
負けず嫌いな人は結構効果を感じる事ができるのではないでしょうか。
しかし、私は負けず嫌いで達成感も感じましたが、思った通りの効果は得られませんでした。

ab2d596dfcf2a7a6cf4f70e1eb890ea0_s

筆者は身長157cmなのですが、マンツーマンジムに通い始めた頃は体重48kg体脂肪率28%でした。
2ヶ月後の卒業時の結果は体重53kgの体脂肪率25%。。
確かに体脂肪率は減少しましたが、体重は増加。
もちろん、筋肉の方が脂肪よりも重たい為必然と言えば必然なのですが…
見た目がほっそりとしていればよかったのですが、がっしりとした体格になってしまっただけでほっそりはしていない…。
目的とは違うフィットネスにかよっていたのだと痛感しました。

その後、地域型のフィットネスジムに通い始め、ゆるく有酸素運動や水泳を取り入れたり、毎日ウォーキングを行う事で理想的なラインの体に近づく事ができました。

ガッチリとした筋肉質な体を徹底的に短期間で作りたい!という方はマンツーマンのフィットネスジムをオススメします。
値段はそれなりにしますが、筆者は筋肉がつきにくい女性でありながら結構がっしりとした体格になれたので効果は確実に得られるでしょう。

517d4a83b98d5dcce529154aabf82196_s

スリムになりたい、モデルのようなスラッとした体型になりたい女性には、男性トレーナーが教えるマンツーマンフィットネスジムはオススメしません。
女性トレーナーの教えてくれる女性専用のマンツーマンフィットネスジムであれば効果はあるかもしれませんが、筆者はゆる~い有酸素運動や水泳を毎日月額1万円くらいのジムで行った方が効果を感じられた為、そちらをオススメします。

老若男女人それぞれ個人差や目的が違う為、何が正解であるかは分かりませんが、自分の目的やライフスタイルに合った選択をする事が一番安く、そして確実に効果を手に入れる事ができるポイントです。

30代、40代、50代でもフィットネスは効果あり?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

10代や20代の頃は体力が十分にあり、多少食べすぎてもすぐ痩せる年代ですよね。
30代になり、お腹がポッコリと出始め、なかなか引っ込まなくなってしまった…。
そして40代になると体力が衰え始める…。
と、年代によって随分体に変化があると思います。

人間には「成長ホルモン」という分泌成分があり、この成分が豊富にあると脂肪がつきにくく、筋肉がつきやすい体質であると言えます。
しかし、この成長ホルモンは20代をピークにどんどん減少していきます。

結果、若い時は多少無理をしても大丈夫だったけれど、気づいた頃には食べ過ぎたらすぐ太って痩せない…運動しようとしてもすぐに関節を痛めてしまう…なんて事に。

しかし!

40代でも50代でも運動の週間を付け、バランスの良い食事を意識する事でいくつになっても体は鍛える事ができるのです。

更には運動を行う事で成長ホルモンやその他の各種ホルモンが体内に放出され、老化スピードを減速させて、いつまでも若くいる事ができます。長生きにもつながります。
とても嬉しい効果ですよね!

以上の事からも、やはりフィットネスで運動をする事は将来の自分にとってもとても有益だという事が分かります。

継続させる為にはやはり最初に頑張りすぎてしまってはいけません。
自分のできる範囲で最初はゆるく始めて、徐々にレベルを上げていきましょう。
そして、ちょっとの運動を毎日続けましょう。

フィットネスに必要な用具やマシン

フィットネスを行う時、ジムへ行けば基本的な物は全て揃っています。
しかし、フィットネスを行う為にジムへ毎日は行けない…という方や、家で鍛えたい…という方、悪天候などでジムに行けない時などに家で鍛えたい!という方の為に、何を揃えておけば良いのかをご紹介します。

74fa3396f049c00fbbbbeea4979328fe_s

まず必要なのは「ヨガマット」です。
ストレッチやトレーニングを行う際、固い床の上で行うと腰を痛める原因になります。
また、痛くてやりづらいので続けづらいです。
ふかふかなベットの上では腰が沈んでしまう為にきちんとしたフォームでフィットネスを行う事ができません。
ですので、ヨガマットは必須です。

上半身・下半身を鍛える為には「ダンベル」も用意しておくと良いでしょう。
ダンベルは上半身を鍛えてくれるだけでなく、スクワットの際に両手にダンベルを持って行えば全身くまなく鍛える事ができます♪

a7571a7e823710d0a648f8f16617beba_s

「ストレッチボール」もあると良いでしょう。
ヨガマットの上に仰向けで寝そべった状態で、ボールを両足のふくらはぎではさみ、ピンと伸ばした状態でゆっくりと床すれすれの位置までおろして、また床と90°の角度であげて…またすれすれまで下ろしてと繰り返すと結構下半身に効きますよ!

筆者のオススメするフィットネスに必要な用具3点セットでした!

また、無酸素運動をした後は有酸素運動をするとより効果を見込めます。
なので、もしもお家に置けるのなら「フィットネスバイク」や「ランニングマシン」があると良いですね。
もちろん、自転車で実際に外へ漕ぎにでかけたり、走りに行ったりするのも効果的です!

筆者オススメフィットネスアプリ↓
3分フィットネス

AppleStore:https://itunes.apple.com/jp/app/3%E5%88%86%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%B9-%E7%84%A1%E6%96%99%E3%81%A7%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA/id778142266?mt=8
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.zeroapp.workout&hl=ja

毎日3分でフィットネスを行う事ができるアプリです。
たった3分で行えるので、筆者もらくらくトレーニングできて、やればやる程カレンダーにスタンプが溜まっていくのでやりがいも達成感もありますよ♪

最近はこのように多くのフィットネスやダイエット用のアプリが登場しているので、自分の用途に合った物を探してみるのも結構楽しいのでオススメですよ♪

フィットネスで健康を手に入れよう!

cb6a293e233eb92c22955cfc33d54f71_s

色んなフィットネスジムや運動法、健康食品やアプリが登場している時代ですが、運動・食事で体の外も中も健康的に!
そして楽しくなるよう、自分に合ったものを探して当てはめながら、健康を手に入れましょう!

続ける秘訣は「まぁこれくらいならやってもいいな~」というゆるめの姿勢ですよ♪
張り切りすぎて疲れてしまっては続かないので、「いつでも運動止められるけど、まぁ、やってあげようかな~」くらいのラフな気持ちで毎日行う事が大切かもしれませんね♪

筆者もこれからの未来を見据えて、フィットネス頑張ります!
読者の皆さんも一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です