短期間ダイエットが可能!無理なく痩せられるおかゆダイエット

HOTに美脚を手に入れろ!

エクスレッグスリマーバナー
見せない時期こそ美脚を手に入れるチャンス!
温かいから冷え性改善!
寒い季節に温めながら美脚を手に入れるなら
 

さまざまなダイエットに取り組んでいる方たちにとっては、炭水化物を摂りすぎるとダイエットに良くないということは常識となりつつありますね。

しかし、炭水化物を減らすことはなかなか簡単ではありません。
「ご飯が大好きな方」「麺類が大好きな方」などにとっては、炭水化物を減らしたくてもなかなかできないというのが現実ではないでしょうか。

そこで注目して欲しいのが「おかゆダイエット」です。
主食にご飯やパンなどではなくおかゆを食べることにより、摂取する炭水化物の量を無意識に減らすことができてしまうダイエットなんですよ!

おかゆは炊飯器でも炊くことができて手軽ですし、普段炊いているご飯をおかゆに変えるだけなので費用も特にかかりません。
詳しいやり方などをこちらでお話していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

おかゆダイエットの効果とは

普段の食事の主食をご飯やパンからおかゆに変えてみる。これで、どのような効果が得られるのでしょうか。
おかゆダイエットの効果について見ていきましょう。

炭水化物やカロリーの摂取量を減らすことができる

0c167266d5b6397d2823a76d3d4be3ce_s

おかゆは水分を多く含み、その分普通のご飯に比べて摂取する炭水化物の量が少なくなります。主食をおかゆにかえることで、無理なくいつの間にか炭水化物を減らすことができてしまいます。
さらに、おかゆの固さにもよりますが、カロリーもだいぶカットすることが可能なんです!

普通のご飯1膳はだいたい200kcalくらいなのですが、おかゆならばその半分前後のカロリーになると言われています。

おなかにたまるので食べ過ぎを防げる

先ほどもお話した通り、おかゆは水分を多く含んでいます。そのため比較的少量でも満腹感を得やすく、食べ過ぎが防げるでしょう。

ゆっくり食べることで満腹中枢も刺激

おかゆは熱いですから、冷ましながらでないと食べられませんよね。
おかゆを冷ましながらゆっくり食べることによって、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐことができますよ。
特に日ごろから早食いが気になっているという方にはおすすめです。

早食いをすると満腹中枢が働く前にたくさん食べてしまいますから、結果的に太りやすくなります。おかゆを食べる時以外にも、食事はゆっくりよく噛んでするように心がけると良いでしょう。

血糖値の急上昇を防ぎインスリンの分泌を抑制

熱いおかゆを冷ましながらゆっくり食べることによって、血糖値の上昇が緩やかになりインスリンの分泌を抑制する効果も期待できます。

インスリンが過剰に分泌されてしまうと、血中の糖分が脂肪細胞にため込まれ、それが脂肪に変わってしまいます。
つまり、インスリンを必要以上に分泌させないことも、ダイエット中の方にとっては重要なことなのです。

体が温まって代謝アップ!

あつあつのおかゆで体が温まり、代謝をアップすることができます。冷え性改善にも一役買ってくれそうですね。

おかゆダイエットのやり方

おかゆダイエットの方法にはいくつかあります。こちらでは2つをご紹介しておきましょう。

短期間でダイエットしたい方向けのおかゆダイエット

短期間で痩せたい場合には、3食の食事をおかゆとトッピングに置き換えます。トッピングでたんぱく質、塩分などをプラスしましょう。

この方法の場合、おかゆは1日3食のみでなく、お腹がすいたらこまめに食べて構いません。

ただし、短期間で痩せるこの方法の場合には、ダイエットの期間を1週間~2週間程度にとどめておいてください。
2週間という短期間でも効果が出やすいダイエット方法です。
あまり効果が出なくても、立て続けに行うのは危険ですからやめましょう。

こちらのおかゆダイエットのやり方なら、腸の中をきれいにする効果も期待できるそうですよ!

ゆっくり時間をかけてダイエットしたい方向けのおかゆダイエット

1日3食、または1~2食の主食を、ご飯やパンなどからおかゆに置き換えます。おかずは通常通り食べて構いません。

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s

主食をおかゆに置き換えることを1食からはじめて、慣れてきたら2食、3食とおかゆを増やしていくのも良いでしょう。1食だけにするならば、夕飯の主食をおかゆに置き換えるのがおすすめですよ。

ご飯をおかゆに変えてゆっくりカロリーや炭水化物の摂取量を減らしていくこちらの方法は、効果が出るのに時間がかかりますが、リバウンドしにくい点が魅力でしょう。

おかゆの炊き方をおさらい

おかゆには5分がゆや全粥などがあって、それぞれどうやって炊いたら良いのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
さらに、離乳食で使う10倍がゆなどもありますよね。

おかゆを炊くときの水加減は

・三分がゆ お米1に20倍の水
・五分がゆ お米1に10倍の水(10倍がゆ)
・七分がゆ お米1に7倍の水
・全粥   お米1に5倍の水(5倍がゆ)

となります。

お好みの分量の水とお米を鍋に入れて強火にかけ、沸騰したらフタをずらし、弱火にして40分程度火にかけて炊きましょう。仕上げに塩を一つまみ程度入れて味をととのえ、数分ふたをして蒸らして完成です。

炊飯器におかゆの目盛りが付いている場合には、炊飯器で炊いた方が手軽ですよ。

三分がゆが一番お米の量が少なくなりますので、その分ダイエット効果は高くなります。しかし腹持ちが悪いため、おかゆダイエットは五分がゆ、七分がゆで挑戦してみるのが良いと思います。必要に応じて調節しましょう。

トッピングにバリエーションを持たせよう

おかゆダイエットで辛いのは、おかゆの味に飽きてしまうことではないでしょうか。おかゆに飽きないように、トッピングに工夫をしてみましょう。

047c3c949f9feff6807e0bf79dec4eda_s

定番の梅干しを入れても良いですし、鮭フレークや鶏のささ身などでも良いでしょう。卵なども、栄養が摂れて良いと思います。特に短期間で痩せるおかゆとトッピングに置き換える方法の場合には、栄養不足にならないようにしっかりとトッピングで補うようにしましょう。

まとめ

おかゆダイエットについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

短期間で痩せるやり方、主食のみを置き換えておかずは通常通りに食べ、ゆっくりとダイエットするやり方をご紹介してきましたが、無理は禁物です。短期間でダイエットをしたい気持ちは分かりますが、個人的には無理なくゆっくりダイエットできる、主食のみを置き換えておかずをいつも通り食べる後者の方法をおすすめします。

せっかく痩せても体調を崩してしまっては意味がありませんから、短期間で痩せるやり方で体調に異変が出たら、くれぐれも無理をしないようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です