短期間でダイエット効果抜群!スクワットダイエットの方法

HOTに美脚を手に入れろ!

エクスレッグスリマーバナー
見せない時期こそ美脚を手に入れるチャンス!
温かいから冷え性改善!
寒い季節に温めながら美脚を手に入れるなら
 

「スクワット」と聞くと、スポーツをする人が体を鍛えるためにするというイメージがある方が多いのではないでしょうか。

このスクワットによってダイエットを行うのが、「スクワットダイエット」です。
スクワットダイエットは、実は短期間で痩せたい方にもおすすめのダイエット方法なんですよ。

本当に痩せるの?ムキムキになったらどうしよう・・・などと思う方もいらっしゃると思います。でも、やり方を守れば大丈夫!

こちらでは、スクワットがなぜダイエットに効果的なのか、どのくらいの回数をやったらよいのかなどについてお話していきましょう。

なぜスクワットがダイエットに効果があるの?

スクワットダイエットと聞くと、スクワットでカロリーを消費するからダイエットできると考える方が多いかもしれませんね。
確かにそれもあるでしょう。
しかし実は、スクワットそのものによるカロリー消費はさほど多くないのです。

じゃあ、スクワットダイエットなんて効果が無いのでは?と思ってしまいますよね。
でもそんな事はありません!

「筋肉量」を増やして代謝をアップ!

スクワットダイエットのダイエット効果の秘密は、「筋肉量」を増やすことにあります。
スクワットで鍛えられる太ももなどの筋肉は大きいため、この部分の筋肉量を増やすことによって、基礎代謝をアップすることができます。

基礎代謝が上がれば運動をしていない時にもカロリーを消費することができますから「痩せ体質」になれるというわけなのです。

ダイエットのための筋トレと言えば、「腹筋」が思い浮かびますよね。しかし腹筋の筋肉量はさほど多くないため、太ももを鍛えるスクワットをやったほうが基礎代謝アップに効果的なんですよ。

スクワットダイエットのそのほかの効果とは?

太ももの筋肉を鍛えて筋肉量をアップさせ、基礎代謝をアップさせるのがスクワットダイエットの効果だとお話ししました。

しかし、スクワットダイエットの効果はそれだけではありません。
スクワットは太もも以外にもさまざまな筋肉を使うため、色々なところに効果が出てくるんですよ!

Womaninsight_49349_1

まず、スクワットによって大殿筋などが鍛えられるため、ヒップアップ効果が期待できます。そしてお腹周りもすっきりし、便秘解消などにも効果があるでしょう。
さらに、ふくらはぎの筋肉が鍛えられ、血流が良くなることによってむくみや冷え解消にも効果が!

そのほか、腹筋や背筋が鍛えられるため、姿勢が良くなって美しいプロポーションが手に入ります。

スクワットダイエットには、嬉しい効果がたくさんあるのです。

スクワットのやり方は?

スクワットダイエットに大切なスクワットのやり方を、こちらでお話していくことにしましょう。

スクワットってとにかくひざを曲げればいいんでしょ?と思ってしまいがちですが、いくつかポイントがあります。
スクワットにはさまざまなやり方がありますが、こちらでは、基本的なスクワットのやり方をご紹介します。

・まず、肩幅より少し広めに両足を開いて立ちましょう。このとき、つま先をあまり開かないように注意します。
・次に、両腕を前に上げます。
・後ろにお尻を引くような感じでひざを曲げていきます。このときに注意したいのは、ひざがつま先より前に出ないことです。姿勢も正しくするように意識しましょう。
・しっかりと、太ももと床が平行になるくらいまでひざを曲げます。
・ゆっくりと元に戻っていきます。ひざは、完全に伸ばしきらないようにします。

姿勢が悪いと、効果が得られないばかりか腰などを痛めてしまう可能性があります。
初めは少し難しいですが、鏡などで確認をしながらフォームをチェックしましょう。

スクワットの回数は?

あまりスクワットばかりやっていると、太ももやふくらはぎがムキムキになってしまうのでは?と不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ムキムキになるには相当の回数をやる必要があります。ですから、ダイエットで少しスクワットを行うくらいでムキムキになってしまう事はまずありません。

スクワットに慣れていない方は、初めは数回でも辛いと感じるでしょう。
10~15回を1日に3セットくらい(1日50回前後)が良いとされていますが、初めは1セット3回~5回程度でも良いと思います。
慣れてきたら、回数を増やしていきましょう。

スクワットダイエットはどのくらいで効果が出るの?

スクワットダイエットは、比較的早めに効果が出てくるダイエット方法のようです。
人によっては、1~2週間くらいで効果が表れることも!

ただし、効果が出る出ないは個人差があるようです。

体重はすぐには減らなくても、筋肉を鍛えることによって締まって細く見えるようになることもあります。

時間に余裕があれば、スクワット後に有酸素運動を!

時間が無い方でも隙間時間に取り組むことができるスクワットダイエット。
もし時間に余裕があるならば、スクワットを行った後に有酸素運動を取り入れてみましょう。

726271fd4d37c17f84006ea61078b383_s

スクワットを行うと、成長ホルモンが分泌されやすくなります。そして成長ホルモンによって脂肪が燃えやすい状態へと分解されます。
脂肪が燃えやすい状態になっているところでウォーキングなどの有酸素運動を行えば、脂肪燃焼の効果がアップしますよ!

まとめ

スクワットダイエットに関してお話してきました。
スクワットダイエットはカロリーを消費して痩せるというよりも、太もも付近の筋肉量を増やし、それによって基礎代謝を上げて痩せやすくするというダイエット方法になります。
そのうえヒップアップや姿勢がきれいになるなどの効果もありますから、見た目にも美しいプロポーションに近づいて行けるはずです。
血流なども良くなりますし、足腰も鍛えられることから、健康のためにスクワットを取り入れている方も多いようです。

1日に50回前後が目安となりますが、数回に分けて行えばちょっとした空き時間に取り組むことができますから、忙しい方にもおすすめのダイエット方法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です