小顔になれる!?手軽にできる顔痩せ方法

HOTに美脚を手に入れろ!

エクスレッグスリマーバナー
見せない時期こそ美脚を手に入れるチャンス!
温かいから冷え性改善!
寒い季節に温めながら美脚を手に入れるなら

こちらをチェック

「女優さんは顔が小さくていいなー」
「顔は骨格だから治らないし」
そんな、事を思っている人も多い顔の大きさ…

むくんだり、太ったりするとすぐに顔は分かってしまいますよね。
そして、印象がガラッと変わってしまう部分でもあります。

だからこそ、目指したいのは小顔!!

高額なエステをしなければ、小顔は手に入らないと思っている方も多いと思うのですが、身近な食事やマッサージからすぐに顔痩せは実現可能なのです。
まず、簡単に取り組めるものから初めてみて下さいね。

ここでは、毎日の生活の中で簡単にできる小顔法についてご紹介していきます。

簡単なエクササイズ方法

やろう!と意気込まなくても日々の生活の中で日常にして出来る小顔に効果のあるエクササイズをご紹介します。

ガムを噛む

ガムを噛むことによってアゴの筋肉を無意識のうちに使って、顔痩せをするというエクササイズになります。

ガムを噛んでいると「噛もう」と意識をしなくても、無意識のうちにアゴが動いているはずです。これだけでも、十分なアゴの筋肉運動になっています。

しかし、注意が一点だけあります。
噛む時に癖があって、同じ場所でずっと噛んでしまうと片方だけの筋肉が鍛えられてしまい平等に鍛えられなくなってしまいます。

左で一定時間噛んだら、右で噛むというようにまんべんなくアゴの筋肉を使って平等に鍛えるように注意して下さい。

発生練習

『痩せる=キツイトレーニング』と思ってしまいますが、顔痩せはキツイトレーニングというよりも毎日の地道な積み重ねがとても大切です。
顔には体のような太い筋肉があるわけではないのでキツイトレーニングは必要ありません。

表情筋を鍛えて、むくみにくく顔の代謝を上げることが小顔にはとっても必要なポイントです。

エクササイズとしては、大きな口を開けて声を出しながら「あいうえお」と発生するエクササイズです。
毎日少なからず発生はしていると思いますが、口を大きく開けて声を出している人は少ないはずです。

「あ」「い」「う」「え」「お」全ての発音でアゴの筋肉とアゴ周りの筋肉を意識しながらゆっくりと発音をしてみましょう。
顔が大きいと思っている人は、意外と原因が「たるみ」だったりするんです。

骨格で顔が大きくなっている人は少ないと言われているので、是非顔回りの筋肉を意識して毎日の日課にしてみてください。

顔回りの筋肉は、表情筋といって太い筋肉ではないので効果も早く出ます。
早い人で3日後位には顔回り・アゴ周りがスッキリしてくるので是非お風呂に入ったときや寝る前などに実践してみて下さい。

マッサージによるエクササイズ

マッサージによって表情筋を鍛える効果は低いですが、リンパの流れを刺激してむくみの改善がかなり期待できます。また、顔痩せのエクササイズでは届かない場所が刺激出来るため併用して行うととても効果が早く実感できます。

リンパのマッサージ

AI_IMG_7769
リンパマッサージは老廃物の詰まりがすぐに流れるため、効果の実感が早いという特徴があります。
早い人では、リンパマッサージ後すぐに顔の大きさが施術前と施術後では違うという結果もあります。

注意点としては、強すぎる力でマッサージをしてしまうと摩擦で肌を痛めてしまいます。
ポイントとしては、頬やアゴを下から上へ指を使ってマッサージをし、最後に耳後ろから首筋を通って鎖骨に老廃物を流すといったイメージでリンパマッサージをしてみて下さい。

ローラーなどの美顔器を使用

6171rpJzrIL._SL1000_

指を使うより、顔の輪郭に沿ってフィットするように作られているので簡単にしっかりと刺激できます。

ローラーはお風呂でも使えるように出来ているものが多いので、湯船につかりながらという「ながらマッサージ」が出来るので大変オススメです。

食事による顔痩せ

yasai
食事による顔痩せは、とにかく「むくみ防止」です。
むくんでしまって大きく見えている人が多いので、しっかりと食事面からも予防することがオススメです。

塩分を控える

塩分を取り過ぎると、体内の塩分濃度が上がるのでどうしても身体は水分を蓄えようとします。
塩分が高いおかずを食べたりすると、水を大量に飲みたくなりませんか?それは、身体が塩分濃度を薄めようとお水を欲しているんです。
結果、むくみへと繋がりますのでなるべく塩分は控えるようにしましょう!

ビタミン・ミネラルをしっかり取る

ビタミン・ミネラルが不足すると顔がむくんでしまいます。
食事制限をしている人は、どうしても栄養が偏ってしまうのでビタミン・ミネラルはサプリメントなどからもしっかりと摂取するようにしましょう。

歯ごたえのあるものを食べる

ha
柔らかいものばかり食べていては、アゴの筋肉が弱くなってしまってたるみの原因になります。
これはガムを食べた方が良いというエクササイズと同じですが、なるべく硬い物を食べて毎日の生活の中でもアゴの筋肉を鍛えるようにしましょう。

まとめ

このように、高い施術を受けなくても日頃の生活の中で十分「小顔効果」が出せるエクササイズやマッサージはあるんです。

「え? こんなことで小顔になるの?」と思いがちですが、すき間時間のエクササイズがとっても大切なんです。簡単なので是非実践してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です