ダイエット中はやっぱりお酒を飲んではダメ?

HOTに美脚を手に入れろ!

エクスレッグスリマーバナー
見せない時期こそ美脚を手に入れるチャンス!
温かいから冷え性改善!
寒い季節に温めながら美脚を手に入れるなら

こちらをチェック

ダイエットをしたいけど、お酒も飲んだらいけないのかな…
接待とか会社の付き合いもあるからお酒飲まないわけにはいかない…

そんな「お酒=太る」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

だからと言って、ダイエット中にまったくお酒を飲まないというのは不可能に近い事です。
また、ストレスが溜まることになり逆効果で太りやすくなってしまいます。

諦めるのは早く、実はお酒を飲んでもダイエットに成功することは可能なのです。
詳しく知ることによって、美容やダイエットにとっても嬉しい効果をもたらせてくれる可能性もあるのです。

お酒=太るではなく、お酒を味方につけるにはお酒の飲み方がポイントです。
このポイントさえ押さえれば、大好きなお酒を飲みながらキレイに痩せる事が可能なのです。

お酒=太るはカロリーだと思ってますか?

アルコールにも糖質とカロリーはありますが、アルコールのカロリーは「エンプティカロリー」といって脂肪になりにくいカロリーなのです。

お酒は身体に吸収されて、蓄積されるのではなくすぐに熱(エネルギー)に変わるのでさほど気にする必要はないのです。
では、沢山飲んでも太らないのかと言えばそうではありません。

アルコールを飲むと、まずアルコールが優先的に分解されるのでお腹に食べ物が残っていると、消化が後回しになってしまいます。
このお腹に食べ物が残った状態が消化不良を起こし、脂肪になってしまう可能性があるのでアルコールの過剰摂取は太ってしまうと言われています。

アルコールの種類に注意!

kakuteru
「アルコールは太らないんだ!じゃー飲んじゃえ」
といって何でもかんでも飲んではいけません。

女性が好きなアルコールの「カクテル」や「リキュール」は砂糖が沢山使われているため、沢山飲んでしまうと糖質の摂取量が増え、当然脂肪になってしまいます。
砂糖は脂肪に蓄積されるため、ダイエット中は甘いお酒を避けるようにすることがオススメです。

おつまみに注意!

chicken
お酒を飲むと、食欲が増してしまうため目の前に並んでいるとお腹が空いているわけではないのについつい食べてしまいます。
また、お酒が出るお店などは「から揚げ」「焼き鳥」「炒め物」などと言った高カロリーのものが多く、少量でもカロリーオーバーになりがちなのです。

お酒と一緒に食べる訳ですから、先程もお伝えしたようにアルコール分解が優先されます。
そうすると高カロリーのおつまみは、お腹に長い間蓄積されてしまいお酒を飲んでいない時よりも脂肪が付きやすくなります。

アルコールを飲んでいる時、いつもより食欲が増してしまうのは肝臓がアルコール分解することを、優先するために血糖値のコントロール機能が低下し中々血糖値が上昇しないために満腹感が得られないのです。

満腹感が得られないままの状態が続きますので「締めのラーメン」や「お茶漬け」などといった炭水化物を食べてしまいがちなのです。

ここまででも、お酒の働きやお酒がどのように身体に作用するかがお分かりいただいたかと思います。
ダイエット中のお酒の飲み方や、お酒は身体でどのような働きをするのかを頭に入れておくと、太ることなくノンストレスでアルコールを楽しむことが可能なのです。

アルコールのオススメの飲み方

cheese
お酒は、飲むとすぐに消化・排泄されます。
アルコールを飲むとトイレが近くなりますよね。

ですから、お腹が空いている状態で飲んでしまうとすぐに吸収され酔いが回ってしまい、コントロールが出来ず暴飲暴食を招いてしまいます。

アルコールをダイレクトに飲むのではなく、お酒を飲む前に軽く食べ物をいれておくと直ぐに吸収されるのを防ぎ、食欲も抑制することが可能です。

まず、低カロリーのチーズや枝豆・豆腐などといったものをお腹に入れておくことがオススメ♪
胃の粘膜を傷めない為にも、空腹でのアルコールはなるべく避けるようにした方がいいでしょう。

美容効果も期待できるお酒

wine
お酒は、上手に付き合う事で美容や健康にプラスの働きをしてくれます。

例えば、ワインや日本酒にはポリフェノールやビタミン・ミネラルといった身体に効果的な栄養素がしっかりと含まれています。
これらはアンチエイジングや美肌といった女性には嬉しい働きをしてくれるのです。
身体は日々酸化をしていますので、その酸化を抑えてくれるのがポリフェノールなどの抗酸化作用がある栄養素なのです。いつまでも若々しくいたい人は積極的にとりたい成分です。

またお酒を飲むことで、代謝が上がり体温がアップすることで冷え性対策にもなります。冷え性は代謝を下げたり脂肪燃焼を妨げたりと良いことはありません。
お風呂に入ったり、マッサージをすることも冷え性対策になりますがお酒は身体の中から温めますので効果は絶大です。

最後に

お酒も上手に飲めば、このように身体にとって非常にプラスに働くんです!
是非、飲み方や選び方などを工夫してお酒を味方につけて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です