足がむくむ方へ教えます!足のむくみの原因と解消法

足のむくみアイキャッチ

いつも足がむくんで、困っている方も多いと思います。
足がむくむと太く見えてしまいますよね…。

一日中立ち仕事をしたり、逆にデスクワークで足を全く動かせないと、仕事終わりには足がパンパン、指で押してみると跡が残ってなかなか消えない…といった状態になってしまうこと、結構ありますよね。

今回は、そんな女性の大敵であるむくみの原因やメカニズム、そして、どうやったら解消できるのかを見ていきましょう。

足がむくむ原因

足がむくむ原因

そもそも「足がむくむ」とは一体どういうことなのでしょうか?
むくみは、正式には浮腫(ふしゅ)といい、女性の体に起こりやすい症状です。

むくみの原因は血液の循環のサイクルと大きな関係があります。
私たちの心臓は、体内のポンプのような役割を果たすことで、血液が体中の細胞に水分や栄養を届けられるようにしています。

その一方で、体内の不要な水分や老廃物は、静脈やリンパ管に戻り体内を循環しています。
体内で必要なものと不要なものが絶えず循環しているんですね!

むくみとは、この静脈やリンパ管内の流れが滞り、戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態だといえます。

また、血管の内と外の水分量の調整をする機能のバランスが、何らかの原因により崩れ、細胞間の水分が余分に排出されたり、溜まってしまうことも原因のひとつです。

では何故、上記のような状態になってしまうのでしょう?
考えられるむくみの原因は、大きく分けて4つあります。

長時間立ちっぱなし

長い時間立ちっぱなしの状態だと、重力の影響で全身の血液が足に溜まっていきます。そうすると静脈の圧力が高くなり、体内の水分が循環しにくくなってしまいます。
立ち仕事をする方の足がむくみやすいのは、重力のせいだったんですね!

それなら、休憩時間は逆立ちで過ごすようにしましょう!
……というわけにはいきませんよね。。

半ば仕方ない…と割り切らなくてはいけないように思えますが、長時間の立ちっぱなしが体に良くないことなのは事実です!
立ち仕事の方はしっかり対策をした方がいいでしょう。

sakadachi

運動不足

足の筋肉は、収縮することで血液を循環させるポンプの役割を果たします。
運動をしないと足の筋肉が衰えてポンプ機能が低下し、水分が溜まりやすくなってしまいます。

また、運動不足により、足先の毛細血管まで血液が行き届かなくなるため冷え性や血行不良になりやすくなります。

冷え性や血行不良は、むくみを起こしやすくするため、早めに対策を取らないとどんどん悪循環になってしまいます。

そうなると大変ですので、1日20分のウォーキング等、簡単に出来るものから始めていけると良いですね。

水分や塩分の摂り過ぎ

水分や塩分を摂りすぎると、血液中の水分の量が増えてしまいます。
そうすると余分な水分が溜まりやすくなり、むくみの原因となります。

特に塩分の摂り過ぎはむくみのみならず、高血圧等の他の病気のリスクも高まるので健康的な食生活を心がけましょう。

病気

足のむくみなんて日常茶飯事だから…と放っておくと危険かもしれません!
病気が原因ということもあり得ますので、なかなかむくみが治らない方やむくみに加えて体調不良を感じる方は一度病院にかかった方が良いでしょう。

病院にかかる際は以下の項目をチェックしてみて下さい。

・むくみが起こるのは全体的にか、部分的か。また左右片方のみか
・朝方からむくみの症状があるか、夕方に強くなるか
・日ごとにむくみが強くなっていったりしていないか
・指で押すと跡が残るか、残らないか
・体重が数日で数キロ増加したりするか

また、病状に足のむくみを含む病気を以下にまとめました。

循環器系
右心不全、深部静脈血栓症(エコノミー症候群)、慢性静脈不全症、下肢静脈瘤、
肺性心、リンパ浮腫、肥満性浮腫

血液、内分泌、代謝の病気
脚気(かっけ)、慢性甲状腺炎(橋本病)、甲状腺機能低下症

消化器の病気
たんぱく質漏出性胃腸症、肝硬変

泌尿器の病気
ネフローゼ症候群、急性腎炎症候群(急性糸球体腎炎)、慢性腎炎症候群

生活環境が変わったわけでもないのに、突然むくみが気になったり、慢性的なむくみが一週間以上続く場合は、念のため病気の可能性も視野に入れて、早めに内科等を受診することをお勧めします。

足のむくみを効果的に解消できるグッズも

足のむくみを効果的に解消できるグッズも

「むくみの正体は分かったけど、なんと言っても簡単にむくみを解消したい!
 でも、そんな方法、あるわけないよね…。」

…なんて思ったそこのアナタ! 実はあるんです!

酷いむくみの悩みを解消してくれるグッズを2つ紹介していきます。

1つ目は、するるのおめぐ実
とても可愛らしいお名前♪ その名通り、するるっとした足を恵んでくれるサプリメントなんです!

血液をサラサラにする成分や、体の老廃物の排出を押し出す成分が配合されていて、
むくみ対策にあまり時間をかけられない方にも、かなりオススメです。

興味を持たれた方はぜひ、下の「するるのおめぐ実 解説ページ」をチェックして頂ければと思います。

▼Check it out!▼
するるのおめぐ実って?

そして2つ目の優れもの、その名はエクスレッグスリマー
今SNSでも話題になっている、足痩せグッズです!

その仕組みは至ってシンプル。このエクスレッグスリマーを履くことで、足のツボが刺激され、血流がよくなり、脂肪が燃焼しやすくなるのです!

就寝時、エクスレッグスリマーを履いている間に、足が加圧されるので、むくみにもかなり効果的!

「お…何だかよさそう!」と気になった方はぜひ、下の「エクスレッグスリマー 解説ページ」もチェックしてみて下さい!

▼Check it out!▼
エクスレッグスリマーって?

上でご紹介した、するるのおめぐ実エクスレッグスリマー
両方とも足のむくみに効果的なグッズですが、するるのおめぐ実は体の中からむくみに働きかけるのに対して、エクスレッグスリマーは外側から働きかけるといった感じでしょうか。

体全体のむくみが気になる方は、するるのおめぐ実。足のむくみに加えて足痩せもしたい方は、エクスレッグスリマーを選んで頂くと良さそうです。

むくみを解消するマッサージ

むくみを解消するマッサージ

さて、グッズを使えばかなり効果的ですが、「グッズはとりあえず検討中…」の方もいらっしゃると思います。

そんな方も、むくみが少しでも解消されるように、むくみ解消マッサージをやってみましょう!
また、グッズの使用と平行してマッサージをすると、より効果的です。

足がむくんでしまったり、足にだるさや重さを感じる日は、ぜひ試してみて下さい。
そうすることで、翌日にむくみを持ち越してしまうことを防げます。

毎日忙しい方でもご安心を。1日5分でできる「足のむくみ解消マッサージ」を紹介します。

基本は、体の末端から中心に向かって、肌をなでるようにマッサージするイメージ。
マッサージする際はぜひ、水分や老廃物がマッサージによって流れていくイメージをしてみて下さい。

実際に脳でイメージ化をすることによって効果が高まるんだとか。
摩擦による刺激から肌を守るために、マッサージ用オイルやクリームを使うと良いでしょう。

また、実施する時間帯は、1日のうちで一番血行が良くなる入浴後が効果的です。
入浴後テレビを見ながら、効率的に血流とリンパの流れを改善しましょう!
(※注意:飲酒後のマッサージは控えて下さい。)

また、妊娠中の方、心臓病、糖尿病、高血圧の方はマッサージをすることで身体に悪影響を及ぼす可能性がありますので必ず主治医の指示に従って下さい。

さて、それでは優しく丁寧にマッサージをしていきましょう。

その1、足の付け根のリンパ節を刺激する

リンパが流れやすくなり、余分な水分や老廃物が出て行きやすくなります。

まず、床にあぐらをかくように座りましょう。両方の足の裏を合わせるようにして、自分の足でひし形を作るイメージです。
両手のひらを広げて、太ももの付け根(そけい部)に重ねて置きます。全身で圧力をかけるように、ゆっくりと押します。

気持ちが良いと感じられれば、やや強めに圧をかけても良いでしょう。
これを左右それぞれ5回ずつ行います。

その2、ひざから足の付け根にかけてさすり上げる

あぐらの体勢を少し緩めても大丈夫です。
片方の太ももを両手で包み込むようにして、ひざから足の付け根に向かって優しくマッサージします。
太ももの裏側、内側、外側に分けて行いましょう。こちらも左右5回ずつ。

その3、ひざ裏のリンパ節を刺激する

ひざの裏の凹んでいる部分を、親指以外の4本の指でマッサージします。
下から上に向かって、左右10回ずつさすります。
その後はひざも、手のひらを使って下から上にさすりましょう。

その4、ふくらはぎをさすり上げる

足首からひざに向けて、手のひらで包み込むようにしてさすり上げましょう。
左右5回ずつです。

その5、つま先から足首にかけてさすり上げる

足首を軽く回しましょう。その後、手のひらで、足の甲と裏をつま先から足首に向けてさすり上げます。

これも左右の足の甲と裏、それぞれ5回ずつ行います。
余裕があれば、親指で足の裏を押して刺激するのも良いでしょう。

その6、今までの手順を逆にしてマッサージ

その5からその4…その1と戻っていって下さい。
足先までマッサージしてきたものが、また足の付け根まで戻っていくイメージです。

如何でしょうか。足が軽くなって楽になった感じがしませんか?
このマッサージの手順はすぐに覚えられますし、マッサージに時間もかからないため気軽に試すことができると思います。

むくみを放っておくと、水分や老廃物がどんどん蓄積していくためますます悪化してしまいます。毎日家に帰ったらマッサージをして、その日のむくみはその日のうちに解消する習慣をつけたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です