飛ぶだけ簡単!縄跳びでストレス発散ダイエット!

nawatobi-diet

ペコも10㎏痩せた!?人気の青汁ダイエット!!

ダイエットをしにウォーキングに行きたくても冬は寒いし、動く気になれない( ꒪⌓꒪)
家から出たくないよ~

という方も多いはず!

縄跳びは立派な有酸素運動!
縄跳びダイエットを始めて楽しく痩せましょう!

縄跳びダイエットをするにあたって

nawatobi-diet
勘違いしないでほしいのは、縄跳びダイエットだけでは痩せない!ということです。
ある程度の食事制限を行うことも必要になってきます。

あくまでも縄跳びダイエットは、ダイエットをサポートする役割になります。

縄跳びを行うことで、全身の筋肉を使います。
全身の筋肉を使い続ける事で心肺機能、血行がよくなり基礎代謝向上につながります。

そこがチャンスなんです!
体の脂肪が燃えやすくなっているので、そこできちんと食事制限や、出来る方は筋トレなど加えてあげるとより効果的に痩せることが出来ます(。・ω・)ノ!
痩せにくい体の状態で筋トレ・食事制限を行うのと、痩せやすい体の状態で行うのとでは効果が格段に違ってきますので、是非試してみてくださいね♪

縄跳びダイエットの方法

nawatobi-diet
用意するのは縄跳びと、出来れば膝に負担をかけない為のジョギングシューズが最低限あると良いです。

1日10分だけ!

この時注意してほしいのが、高く飛べばいいという訳ではところ。
低く飛んで回数を多く飛ぶことを意識しましょう!

また背中が丸まっていないか、体の重心が前や後ろに傾き過ぎていないか注意しましょう(。・ω・)ノ

1日10分だけ!とありますが、さすがに運動し始めでいきなり10分間耐久で縄跳びをするのはきつい方もいると思います。
1度に10分間続けなくても、「今回は5分行おう!」というように、数回に分けて飛んでも構わないのです。

飛び方を変えてみる

普通の飛び方に慣れてきたら、気分を変えて飛び方を変えてみましょう♪
効果を出そうと切羽詰まっていきなり飛び方を変えると膝や腰を傷める原因になりますので気を付けましょう!

駆け足とび

ケンケンとび

交差とび

2重跳び

縄跳びダイエットをするときに注意すること

nawatobi-diet
▼ どのスポーツでも共通!水分はこまめに補給!

どれだけ一生懸命ダイエットに取り組んだとしても脱水症状で倒れたら元も子もありません!
自分が思っているよりも体の中の水分は足りてないことがおおいので、水分はこまめにとるよう心がけましょう♪

▼ 膝・股関節を痛める!?

そのようにならない為にも、ジョギング用のクッション性高いシューズ、もしくは運動用のマットを用意するのがベスト!

膝・股関節を痛めると他のダイエットも出来なくなってしまいますので、ここは妥協しないように準備しておきましょう!

▼ 反動注意!

nawatobi-diet
運動した~!!!!と思って、その反動で「ちょっとくらい大丈夫でしょ♪」と食べ過ぎてしまわないよう注意!

摂取したカロリーを消費するのにどれだけの苦労がかかるか…ダイエッターさんならご存知のはず!
甘い物など欲しくなった時は、カロリーゼロのゼリーやアイスだと氷菓のアイスを選ぶようにしましょう(。・ω・)ノ

▼ 飛びっぱなしにしない!

特に縄跳びダイエットを始めたばかりの頃は、普段使わない筋肉を使うことで筋肉痛になりますよね。
筋肉がそのまま硬くなってしまわないように、アフターケアを忘れずに行いましょう♪

縄跳びダイエットを続けるためにもふくらはぎ、太ももなどを軽くマッサージを5分行ってあげるだけで効果は充分ありますよ!

▼ 胸が小さくなる!?

ダイエットしていて胸が小さくなるのは、誰しも嫌ですよね。
ジャンプをするたびに全身の脂肪と共にもちろん胸も揺れます。

胸を支えるクーパー靭帯は一度伸びてしまうと修復することが出来ません。

スポーツブラ・さらしなどを巻いて胸が揺れないようしっかり固定してあげましょう!

まとめ

いかがでしたか?

縄跳びダイエットに限らず、ダイエットはコツコツ毎日続ける事が大事です。

コツコツ続けてきたことが、自分の体に形となって表れた日はとっても気分が良くなるので皆さん一緒に頑張っていきましょう(。・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です