ダイエット中にパンは太る?低糖質で太らないパンを紹介!

パン

ペコも10㎏痩せた!?人気の青汁ダイエット!!

あじかん焙煎ごぼう茶公式サイト
http://www.ahjikan-shop.com/

こちらの記事を3点でまとめると…

1.パンも食べ過ぎてしまうと炭水化物なので太る要因となってしまいます
2.ダイエット中の方に向けて、太らないパンの食べ方について解説しました
3.太りにくいローソンの低糖質パンもオススメです

パンは主食でもありますし、お菓子のように食べることもできる食品です。

日本では明治時代あたりから一般人も食べるようになり、明治7年には日本であんパンが誕生しました。

その後、昭和時代から広く流通するようになり、パンを日常的に食べる人も増えてきたのです。

ですが、パンも炭水化物ですから、無意識に食べていれば太る要因になってしまいます。

当記事ではパンのカロリーや糖質量などを解説し、ダイエット中のパンについて解説しますので、ぜひご参考にしてください。

ダイエット中にパンを食べると太る?カロリーと糖質量を確認!

パン1

当サイトを閲覧なさっている方の中にも、パンを日常的に食べているという方もいらっしゃるかと思われます。

ダイエットをするうえで、パンのような炭水化物を摂取しすぎることには問題があります。

パンの食べ過ぎを心配なさっているのでしたら、胃の消化を活性化させてくれる「スルスルこうそ」がオススメです。

スルスルこうそを飲んでおけば、パンの食べ過ぎも問題なくなるため、ぜひお試しください。

スルスルこうその詳細へ

さて、パンのカロリー量や糖質量を気になさっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

下記にパン類のカロリー量・糖質量について記載しますので、ぜひご参考にしてください

   
食パン158カロリー糖質量26.6g
コッペパン239カロリー糖質量42.4g
ライ麦パン190カロリー糖質量33.9g
クロワッサン202カロリー糖質量19g
ベーグル221カロリー糖質量43.1g
ナン210カロリー糖質量36.5g
ハンバーガー275カロリー糖質量30.9g

パン一個のカロリー量・糖質量はどちらもご飯茶碗一杯よりは少なくなっています。

しかしながら、パンを一個食べてそれで満足するといった方は少ないのではないでしょうか。

複数種類のパンを一度に食べるなどすれば、カロリー・糖質量共にご飯より多くなりがちです。

そのため、パンも食べ過ぎますとダイエット中に太る要因になってしまいますので、ダイエットをしようと検討なさっているのでしたらご注意ください。

パン好きの方必見!太らないパンの4つの食べ方を解説!

当記事を閲覧なさっている方の中には、ダイエット中でもパンが食べたいというお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ダイエット中のパン好きの方に、太らないパンの食べ方について解説しました。

下記の解説をご参考にして、ダイエット中のパンの食べ方について考えていただければと思います。

色が茶色のパンを食べるようにする

パン2
全体的に、色が白いパンは油分野糖分が多く含まれていることが多いです。

一方、色が茶色いパンですと油分や糖分が少なめに配合されているため、色が茶色いパンのほうが太りにくくなっております。

また、全粒粉で作られているパンやライ麦パンなどはIG値が低く、太りにくいパンとなっております。

色が白いパンは白米と同じで、精製されすぎており、血糖値が上がりやすいために太りやすい食材なのです。

そのため、同じパンでも色によって太りやすいか太りにくいかが判断できるため、ダイエット中の方は色が茶色いパンを食べるようにしましょう。

なお、色が茶色いパンは食物繊維が多く含まれているという点でも優れております。

食物繊維が不足しがちと思っている方にも色が茶色いパンがオススメですが、色が茶色くても食べすぎれば太ってしまうのです。

太ることなく食物繊維をしっかりと摂取したいという方は、ぜひ「あじかん焙煎ごぼう茶」もお試しください。

あじかん焙煎ごぼう茶で食物繊維をとれば、ダイエットにも効果を発揮してきますよ。

あじかん焙煎ごぼう茶公式サイト
http://www.ahjikan-shop.com/

固いパンを食べる

パン3
パンも柔らかいパンですと食べ過ぎてしまい、ダイエットに悪影響を及ぼしてしまいます。

ダイエット中なのでしたら、フランスパンやベーグル、雑穀パン、全粉粒パンなど硬くて噛みごたえがあるパンを食べてみましょう。

食べ方もよく噛みしめるようにして食べて頂くと、咀嚼の回数が増えるため脳の満腹中枢が刺激されます。

そのため、固いパンをゆっくりと食べますと、柔らかいパンを食べるよりも少量で満足感が得られるのです。

パンの食べ過ぎも防げますので、ダイエット中の方は固いパンをゆっくり食べることにしましょう。

ゆっくりと噛んで食べることで、消化も良くなりますので、よりダイエットにも効果的になるでしょう。

菓子パンは控える


ジャムやクリーム、チョコレートなどが入っている菓子パンになるとカロリー量・糖質量が跳ね上がります。

そのため、ダイエット中は菓子パンやケーキのような食べ物は控えましょう。

素のパンでないものを食べたいという場合、ダイエット中なのでしたら胡桃やナッツなどが入ったパンを選んでください。

胡桃には美肌効果もあり、コレステロールや中性脂肪を下げる効果もあるため、ダイエット効果とあわせて一石二鳥です。

どうしても甘いパンを食べたいというときは、なるべくサイズが小さめのパンを選ぶことをお勧めします。

また、甘みが欲しいということでしたら砂糖を使っていない「美甘麗茶」がダイエット中の方にはオススメですよ。

ノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインのダイエット効果がある美甘麗茶もお試しくださいね。

美甘麗茶公式サイト
http://bikanreicha.jp/

スープと一緒にパンを食べるようにする

パン5
パンは炭水化物ですから、食事をパンだけにするのはバランスが悪いといえます。

そのため、ダイエット中は食事をパンだけで済ませるのではなく、野菜類を入れたスープと一緒に摂っていただいたほうがよろしいでしょう。

スープはパンと合いますし、カロリーや糖質量も抑えることが可能なため、美味しく食べながらダイエットもできるという優れた食べ物です。

また、必要な栄養素もとりやすくなり、ダイエット効果だけでなく、体調を万全にすることが出来るでしょう。

ついでにサラダなどもとれば、さらにバランスがよくなります。

ダイエット中は炭水化物以外のものも一緒に食べてお腹に入れておくようにしていただくことがオススメです。

ダイエット中の方も、以上の4点を守っていただければパンを食べても太らないですみます。

どうしてもダイエット中にパンが食べたくなったときは、ぜひ上記の4点を守るようにしてくださいね。

食べても太らない低糖質パンを紹介!

パン6
近年では食べても太らない低糖質パンも人気があります。

特に大手コンビニチェーンであるローソンが低糖質パンに力を入れており、人気を集めているのです。

ローソンのブラン(ふすま)パンは食物繊維を含む小麦や米の外皮を使ったパンとなります。

こちらが実際の商品となります。お近くのローソンに行けば売っているはずですので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

このローソンのブラン(ふすま)パンですが、糖質量がわずか2.2gとなっております。

CIMG0321

一般的な食パンに比べて、ローソンのブラン(ふすま)パンは一割の糖質量となっており、ダイエット中の方にもオススメの商品となっております。

ダイエット中にパンが食べたくなってきた際には、食物繊維を含むローソンのブラン(ふすま)パンの購入も検討してみてくださいね。

なお、食物繊維を美味しく摂れるあじかん焙煎ごぼう茶もあわせて飲んでいただくと、より食物繊維が効率良く摂ることができます。

食べても太らないローソンの低糖質ブラン(ふすま)パンと合わせて、あじかん焙煎ごぼう茶もお試しください。

あじかん焙煎ごぼう茶公式サイト
http://www.ahjikan-shop.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です