ダイエットで麺類(ラーメン、そば、うどん、パスタ)は太る?

HOTに美脚を手に入れろ!

エクスレッグスリマーバナー
見せない時期こそ美脚を手に入れるチャンス!
温かいから冷え性改善!
寒い季節に温めながら美脚を手に入れるなら
 

こちらの記事を3点でまとめると…

1.ラーメン・うどん・そば・パスタなどは食べ過ぎると太る要因となってしまう
2.トッピングや料理法に気をつけないと麺類は太りやすくなる
3.麺棒でマッサージをするダイエット法もある

日本人は麺類が大好きです。当記事を閲覧なさっている方も麺類好きの方が多いのではないでしょうか。

外出するとラーメン、うどん、そば、パスタなどなど、外食で麺類を食べるという方も多いと思われます。

そんな麺類も、ご飯と同じ炭水化物です。考えなしで食べていれば太る原因となってしまいます。

一般的にラーメンやパスタは太りやすい、それに比べるとそばやうどんはヘルシーなんて言われることが多いです。
diet-menrui

しかしながら、実はそばやうどんも食べ過ぎていれば太る原因となりやすい食べ物といえますので、そのことを把握していないと思いがけないうちに太ってしまうなんてこともあります。

ダイエットをするうえで、麺類(ラーメン、そば、うどん、パスタ)との付き合い方を考えるのは重要なのです。

当記事ではダイエット中の麺類に関する情報や知識を提供しておりますので、ぜひご参考にしてくださいね。

麺類(ラーメン、そば、うどん、パスタ)は炭水化物だから太る?

めん1

よく「ラーメン、そば、うどん、パスタといった麺類は炭水化物だから太りやすい」なんて言いますが、本当のことなのでしょうか。

代表的な麺類のカロリーと糖質量を下記に記載してみましたので、ぜひご確認ください。

麺料理  
醤油ラーメン429カロリー糖質69.7g
かけうどん307カロリー糖質58.5g
かけそば268カロリー糖質47.3g
トマトパスタ460カロリー糖質72.7g

麺類(ラーメン、そば、うどん、パスタ)のカロリーと糖質量をみてみると、カロリーは少ないものの、糖質量が多いことがわかるかと思われます。

めん2

ごはん茶碗一杯の糖質量が55gであることを考えると、麺類の糖質量は決して低いわけではありません

カロリーだけをみればそれほど太りやすい食べ物ではないんですが、糖質量の観点からみれば結構太りやすい食べ物だということがわかります。

麺類の食べ過ぎに悩んでいる方には、胃の消化を助けてくれる「スルスルこうそ」がオススメとなっております。

「スルスルこうそ」は健康づくりに欠かせない酵素をお手軽に摂取できる本格的なサプリメントです。

1日2錠飲むだけで、麺類の食べすぎなどで太ってしまった体のダイエットに役立ちます。

diet-menrui

さて、「麺類は炭水化物だから太りやすい」だけではなく、麺類が太りやすいのには複数の理由があります。

まず、上記に挙げたの麺類はいずれも「素」の状態です。

皆様も丸亀製麺やはなまるうどんといったうどん屋に行ったことがあるかと思われますが、必ずトッピングをつけるのではないでしょうか。

筆者も職場の近くにはなまるうどんがあるのですが、「かけうどん小」が130円なので、よく食べます。

「かけうどん小」だけでしたら、カロリーも糖質量も然程多くはないのですが、筆者はそこに「イカ天」や「おにぎり」をトッピングでつけてしまいます。

そうすれば、あっという間にカロリーも糖質量も跳ね上がり、太りやすくなってしまうのです。
diet-menrui
皆様もよく思い出してみてください、麺類を食べる際に「素」のままで食べているでしょうか。

結構トッピングなどをつけているという方が多いと思われます。

麺類が太りやすいにはそういったトッピング事情などもあるので、一概に「炭水化物だから」だけとはいえないのです。

また、麺料理は料理法が多彩なため、上記のようなシンプルな麺料理以外ですとさらにカロリー・糖質量は増えます。

パスタもクリームソース系になればカロリー・糖質量が格段と増えるでしょう。

ラーメンもたっぷりの油を使ったこってり系のラーメンなどがブームですが、ああなりますと正油ラーメンの比ではなくなります。
diet-menrui
各麺類の記事で改めて詳しく説明しますが、料理法などによっても麺類は「太りやすい」食べ物になってしまうのです。

以上のように、麺類が太りやすいのは「炭水化物だから」というだけではありません。

トッピングや料理方法などによって、麺類は一気に太りやすい食べ物に変容するとイメージしてみてください。

冒頭でも述べましたように、日本人は麺類が大好きなので、外食産業もその好みに合わせて麺料理に力を入れております。

また、麺類だけでなく、トッピングにもこだわっており、多様なトッピングで消費者の興味を引こうとしているのです。

そういった事情もあり、炭水化物だからという理由以上に太りやすい要因があるのが「麺類」という食べ物となります。

当記事を閲覧なさっている方も、外食の際に麺類を食べるということでしたら、以上の点にご注意してくださいね。

ダイエット中でも食べてもいい麺類を紹介します!

めん3

筆者もそうでしたし、筆者の友人もダイエットをしている時にこう言っていました

「ご飯は我慢できるけど、麺は我慢できない」

思い返してみると、ダイエット以前の私は麺類ばかり食べていたように感じます。

うどん、そば、ラーメン、パスタ…これら麺類が食べられないというのは中々辛いところです。

もう、そうめんでもいいから麺が食べたい!春雨でもいいから麺が食べたい!となってきます。

ちなみにスープ春雨は「69カロリー・糖質量14.3g」と控えめなので、食べ過ぎなければ太ることはないでしょう。

ただ、これも筆者の体験ですが、「違う、スープ春雨じゃない、そうじゃない、違う」といった感じになります。

どうしてもラーメン・そば・うどん・パスタが食べたくなってくるんです。

そんなお悩みをお持ちの方にオススメの代用麺を紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

どうしても麺類(ラーメン、そば、うどん、パスタ)を食べたいという方には、大豆麺であるソイドルがオススメです。

めん4

こちらの大豆麺(ソイドル)は、小麦の麺に比べてカロリー・糖質量共に少なく、ヘルシーな麺となっております。

スープやだし、ソースなどはそのままに、麺を大豆麺(ソイドル)にかえていただければいいのです。

大豆なので健康にもいいですが、何より美味しいのでオススメですよ。

麺類を我慢しているダイエット中の方にオススメの代用麺ですので、ぜひ購入をご検討ください。

ソイドル公式サイト
http://www.soydol.com/
あとは糸こんにゃくを上手に使うことをお勧めします。

糸こんにゃくは淡白な食品なので、あらゆる味に適応する食材です。

糸こんにゃくを麺代わりにすることで、カロリー・糖質量をかなり減らすことができるでしょう。

ただ、大豆麺に比べると食感などが麺とは違いがありますので、麺がどうしても食べたいという方にはソイドル(大豆麺)の方がオススメです。

「代用じゃなくて本物が食べたい〜!」

お気持ちはわかります、極まってくると最終的にはそういった状態になるでしょう。

こうなったら、もう麺類(ラーメン、そば、うどん、パスタ)を食べてしまうことをお勧めします。

注意点としては、先ほどの説明を読んでいただければわかるかと思われます。

まずは、トッピングに注意するという点です。

「素」の状態でしたらカロリー・糖質量共に神経質になりすぎる必要はありません。

ですが、トッピングでカロリー・糖質量が高いものをつけてしまえば、途端に「太りやすい食べ物」に変容してしまいます。

めん5

ラーメンの場合、卵や野菜などでしたらそれほど問題はないのですが、半ライスやチャーシューなどを余分にトッピングすれば太りやすくなるのです。

代用品じゃなくて本物の麺を食べるのはよろしいですが、トッピングは我慢してください。

また、外食の際には料理法にも注意です。

例えば、かけうどん程度でしたらそれほど気にする必要はありませんが、カレーうどんのようなものになれば一気に太りやすくなります。
diet-menrui
なるべく、「素」の状態に野菜などをトッピングする程度にとどめておくようにしてくださいね。

以上のように、ダイエットをするうえで麺類(ラーメン、そば、うどん、パスタ)との付き合い方を考えることは重要です。

普段から当たり前のように食べている物に対して「果たして、考えなしで食べていいのだろうか」と疑問を持つのはダイエットをするうえで大切なことなのです。

麺類(ラーメン、そば、うどん、パスタ)は美味しいものですが、考えなしに食べていると太ってしまうため、これからはそういった点を意識してみてくださいね。

麺棒でダイエット?

めん6

麺を打つ際の道具として「麺棒」がありますが、この麺棒を使ったダイエット法があることをご存知でしょうか。

麺棒ダイエットは低価格でお気軽にできるダイエット方法として人気を集めております。

方法としてはリンパマッサージの要領で体をマッサージすることになります。

手でリンパマッサージをするのは手間や力がかかりますが、麺棒ダイエットでしたら力の弱い方でも効果的なリンパマッサージが行えるのです。

麺棒ダイエットは特に足のむくみなどをとることに効果を発揮するダイエット方法となります。

麺棒は100円均一でも売っているものなので、お手軽にダイエットをしてみたいという方は、ぜひ麺棒ダイエットもお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です